北国総合リース株式会社SITEMAPお問合わせ
HOME企業情報リースのご案内オートリースのご案内リース関連諸制度延払売買業務投資業務
HOKKOKU GENERAL LEASING オートリースのご案内

HOME > オートリースのご案内 > 自動車リースバックのご案内

自動車リースバックのご案内

お客様が保有されているすべての車輌をリース会社が帳簿価格で一括買取りし、そのままリース車輌(メンテナンス付オートリース)としてご利用いただく方式です。
車輌管理業務の軽減や資金運用の有利性から見ても、リースの持つメリットを最も有効に活用した方式といえます。


リースバックの仕組み

メリット1 車輌管理業務を一挙に大幅に削減できます。 メンテナンス付オートリースをご利用いただくことにより、車輌所有時における様々な管理業務を一挙に大幅削減できます。
メリット2 コストの把握が容易になります。 車輌の所有にかかる費用がリース料に一本化されるため、車輌運行コストの把握、予算の計画等が容易に行えます。
メリット3 買取り代金の有効利用が可能です。 リースバック導入時の車輌の買取り代金は、お客様に一括してお支払いいたしますので、資金を有効活用できるとともに財務内容の改善にもつながります。
メリット4 売却損が発生しません。 車輌の買取り代金は原則としてお客様の帳簿価格といたします。よって、売却損等が発生せず、会計上の損益に悪影響を及ぼすことがありません。
メリット5 リースバック移行中でも、そのまま車輌を使用できます。 リースバック手続きを行っている間も車輌はそのまま現状通り使用できますので、業務上における弊害はありません。
メリット6 安全面での向上、効率的な運用 定期的な点検の実施による安全運行の向上および車輌の使用年数・走行距離、消耗品交換履歴等のデータ提供により、使用拠点、部署への効率的配車が可能。
ご用意いただく資料
1. 車検証コピー
2. 帳簿価格表
3. 現在走行距離データ
4. 任意保険証券コピー(リース契約に付保する場合)


■リースバック時のリース料の決定とその構成について

リースバック時のリース料は次のような項目で構成されています。
1. リースバック車輌買取り代金(お客様使用車輌)とその買取資金に必要な金融費用
2. リースバック期間中に必要な自動車諸税
3. 自動車保険料
4. 名義変更費用
5. 保守管理費用

(項目の説明)
1 リースバックとはお客様が所有している自動車(中古車)をリース会社が買取り、それを再び買取ったお客様にリースすることで、その買取り額は通常「簿価」または「査定額(実際の中古車売却額)」で買取るのが一般的です。
2 自動車諸税は、自動車購入時に必要な取得税、運行に必要な重量税・自動車税等で取得税の算定は「自動車取得税額一覧表」にて税額を求めます。なお、取得額50万円以下は免税となります。
3 保険料はリースバック契約時以降の保険料更改時点より保険料の原価を計上する方法が一般的です。
4 名義変更費用とは現在お客様名義の車輌をリース会社が買取り、リース会 社の所有車輌としてリースを行うため、車輌の所有者名義をお客様からリース会社に所有者名義を書替える法的費用を含む費用です。
5 保守管理費用はメンテナンス付オートリース契約時に原価計上する費用で、リース期間内の車輌管理費用(点検整備費用、故障修理、部品・油脂、代車等)を原価計上します。



Copyright(C)2005 HOKKOKU GENERAL LEASING. Co.,Ltd. All rights reserved.
自動車リースバックのご案内 メンテナンス付オートリース オートリース(メンテナンスなし)